簡単で審査が楽なキャッシング、カードローンを徹底的に調べます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これからキャッシングを始めて考えている方、またはまだ利用して回数も少ない方であれば、次のことはご注意しておいてもいいでしょう。

カードローンは今や多くの金融期間で取り扱っており様々な場所で借り出しもできます。なので、最初は安心の場所を選ぶことはやはり大切です。安心の場所というと、最初に銀行となりますが、実際に銀行でも今は貸しだしのためのカードローンを行っているケースも多いです。なので、銀行がお好みであればそれが1番いいでしょう。ただ、銀行のデメリットもあります。それは1番先に言えることは審査が厳しいことです。第一、銀行はもともと資金を貸し出して商売をしていますが、多くは大企業などを相手に大口を抱えることで成り立っています。そして、個人向けには不動産融資などもありますが、使い道自由のフリーローンは最初は銀行の仕事ではありませんでした。時代は変わったものです。

しかし、それであっても、銀行の体質は依然同じでやはり銀行から融資を受けていくのは最初は楽でも回数を数えるほどに厳しくなります。あえていえば、ちょっとリスクを感じるとすぐにブラックリストに入れられたかのように貸し出しもストップします。それが銀行です。なので、銀行を選ぶ場合は、やはり完全な計画のもとに安心返済を自覚できる場合のみ、それも回数はできるだけ少なめにするのが賢い銀行の利用方法です。

もし、多少でもリラックスして利用したいなら、「銀行系ローン会社」である大手融資を利用することです。ディック、DCキャッシュン、プロミス、アットローンなどがそれにあたります。同様に信販系といわれるオリコのクレストなども大手と考えていいでしょう。

ディックなどはCITIバンクという世界の銀行系でありながら、初回30日間無利息という好条件です。これは銀行ではできないことです。
銀行は審査も常に厳しいですが、こういった大手は安心でありながら審査も銀行よりは楽です。

様々なことを考えると、銀行が1番、ということもなく、むしろ大手銀行系などのローン専門会社を利用するほうが様々な理由で楽になるのです。

スポンサーサイト
年末年始や休日の急な出費はアエルでも融資されます


このアエルAELのいいところはあくまで365日対応でることです。ウェブサイトからローン可能額の判定もできますので、まず試してみるといいでしょう。ただ、同時に返済シミュレーションで毎月どのくらいの返済額になるかも試算しましょう。このホームページでは、残念ながら金利がわかるところに記載されていません。

ですので、まずは返済シミュレーションで毎月の返済額を知っておきましょう。
必要なら画面をプリントしておくといいでしょう。

365日24時間営業のアエルという姿勢は買えますね。


ただ、大手銀行系などのほうにまだ申し込みをされたことがない人で時間的な余裕もあるようであれば、ディック、DCキャッシュワンなどからスタートするといいと思います。大手の安心感は何かのときやはり楽です。


メリットは何がある?セゾンのカードローン


まず、知名度は高く非常に安心感のあるカードローンであることは間違いないです。そこがメリットでしょう。

ウェブ申し込みで最短30分で審査も終われるようで、即日キャッシングも審査を通過した後で可能です。そして、金利も8%~17.7%ですから、かなり優等生レベルです。まずは不安の少ない良いローンであるといえます。

それがこのセゾンカードローンのメリットでしょう。

もちろん、セゾンカードに信頼を置く人には問題なく利用していただけるでしょう。ただ、一般的にですが、セゾンは審査は通る確率が低めとも口コミではいわれています。大手の中ではあまり多くの人に貸し出す姿勢ではなく、セレクトされた人に貸す、というイメージの会社であることも利用者からは聞こえてきます。

ですので、ある程度自分の力を客観的に判断して少し心配な部分があれば、わざわざ難しい会社への申し込みもしなくてもいいでしょう。セゾンを利用できれば、もちろん上記の通り低金利や早さなどの便利さで利点はあります。

ただ、もし同じ安心の大手でさらに積極姿勢の会社を選ぶのであれば、シティバンク系ディックや三菱東京UFJ系のDCキャッシュワン、または阪急系のスタッフィなどは口コミも好評な会社です(左上のコラムに会社リンクあり)。



楽天の住宅ローンはフラット20とフラット35の低金利


もし、住宅ローンで迷っているようであれば、楽天のローンを検討してみてください。
これは、近年では非常に返済も楽なローンです。さすがに資金力があり、それでいて経営姿勢も前向きな楽天であればこそできることです。

楽天の住宅ローンは、いまや銀行ローンをもしのぐ力を持っているともいえます。それは、この金利を注目ください。

フラット20といわれる20年間固定金利で現在2.51%
フラット35といわれる35年間固定金利で現在2.7%


これは驚異的な金利であることは事実です。
住宅金融公庫や公的ローンを利用しなくともすでに良いローンを使える時代になったことを証明するものです。楽天は貸出額で日本一を目指しています。これは、つまり貸出額を増やすことを目的に金利は下げる、という姿勢でもあるのです。

ここまで競合できる融資が出てきた以上、これは検討してもいいでしょう。






おまとめローンのスタッフィ's 300はおまとめローンの優等生


ローンがふくらんで、現在もし数社のローンを抱えているとするならどうやってまず楽になるほうがいいでしょうか。それは、実際には、おまとめローンという数社のローンをひとつにまとめる融資に借り替えてしまうほうがとりあえず手短な方法です。

もし、5社以上のローンを抱えていて、利子が毎月重たい場合、このスタッフィ’s300
への借り換えをご検討されるのは正しい選択です。

おそらく5社以上を借りている状態では、各社への利子は20%を楽に超え、29%近くの利子率で返済中と思われます。それをこのスタッフィ300へ1社借り換えとすると、利子がおそらくは10%以上減ります。ということは、仮に200万円合計で持っていれば、年間で20万円以上の利子支払いを減らせるわけです。

これはもし多重債務状態であるなら、急ぎで切り替えるほうがいいです。無条件で楽になれるのにわざわざ多くの利子払いをしているのは、結局完済への遠回りだけでなく、業者の利益を増やすことに他なりません。

このスタッフィは、阪急グループのローンで非常に幅広い人が利用している融資です。多重債務であることを前提に作られたローンですので、申し込みはためらう必要はありません。
これは利用して楽になるべきです。


比較・審査に通る、審査が楽、審査が甘いローンと融資とキャッシング


さて、突然凄いタイトルで書き始めましたが、なぜこう書き出したかといえば、この質問が非常に多いからです。「どこが借りやすいでしょうか?」という質問はやはりその心配が多いという証明でもあるのでしょう。

ただ、正直に申して、この質問への正しい解答はありません。というのも、それぞれの審査で基準がそれぞれに異なるので、一概にどこが通りやすい、というお答えは難しいのが本当の回答です。よく、「絶対に通る、激甘審査」などの情報も目にしますが、まずはそんな情報は外に出ません。あくまで統計的な傾向は見えますが、絶対に通る、となると逆にかなり危ないです。借りた後にまっているほうがよほど怖いです。

しかし、いえることはあります。
まず、一般に中小の会社のほうが誰にでも貸し出しているイメージもありますが、それは広告がそのような広告になりがちだからです。考えて見れば明白ですが、小さい会社が誰にでも貸すなら、絶対に高金利になります。そして返せないとなると、今度は何でもいいから取立てに走るのもそういった「どんどん貸す会社」です。なので、小さい会社で「甘い審査」というのは実はあまりお薦めできません。

そして実は、そんな中小に比べても大手の銀行系ローンなどのほうがよほど、安心、早い審査、そして結局は多くの人によほど低金利で貸し出しているのが実態です。つまり、貸し出す資金量が違うのです。なので、それだけ貸し出しも多くの幅広い人に可能なわけです。その上、金利もよほど低くなりますので、実はローンは大手のローンから始めないとならないのです。

時々、大手は審査が厳しく貸してくれないのでは?というイメージを持つ人もいますが、それは実は違います。大手の方が、貸し出しの可能性は広く、そして公正な仕事をしているのです。なので、「誰でも貸します」とは公正な取引上、言わないだけです。そしてそれは審査が甘い、ということではなく、審査を通る人が多く様々な人が結局いるので、言葉を変えれば審査が甘い、ということにもなるのでしょう。

大手は貸し出し姿勢は基本的に前向きです。なので、公正で安心なローンを利用するなら、大手をまずは利用しましょう。中小でも、もちろん実直な経営をしているところもありますので、この情報は危険な場合を想定しているだけですが、それでも大手ならそのリスクも減ります。

中小を利用する場合は、やはり計画的で即時返済できる場合を想定しましょう。なにせ金利があがる可能性が高いですから、そちらの融資を長く抱えていては損を増やすだけだからです。

大手銀行系やその他大手系での審査が早く幅広い人へのローンは?
こちらでは、次の3つをまずは推薦しています。


シティバンク系ディック

阪急のスタッフィ

DCキャッシュワン


どれも、満足度も高い顧客を多く抱える良い融資です。比べてみて決めるのもいいでしょう。
ネットローンならプリーバ



ネットローンという言葉もあまり知られていないかもしれません。

これは、インターネット上だけで申し込みを受けているローンのことで、店舗はありません。あくまでネット上で申し込み、審査、そしてキャッシングは振込みで行われます。または、後日カードが送られてきて、カードローンとしてその後利用することも可能です。

このネットローンのプリーバは、現在数社あるネットローンの会社の中ではおそらく一番知名度もあり、利用者も多いかもしれません。その意味では安心して利用できるネットローンです。

このネットローン、利点はまずは、ネット上だけで終わります。


ウェブサイトではすぐに利用可能額の診断もできます








マイルもたまる、ポイントもたまる、ライフカードは隠れた名作です


いままで、ライフというと、どうしても消費者金融業だけがクローズアップされがちでしたが、実は今、クレジットカードも注目されています。

ライフカードは、初年度年会費無料ですが、それでも相当の利用価値があるクレジットカードなのです。

まず、ポイントが非常にたまりやすく、そのポイントを交換するときも、商品やANAのマイルなどにも交換できます。ポイントは、誕生日月は加算されたたり、加入後の使用でも加算期間があったりで、カード取得後、たとえば海外旅行にでもいってくると、すぐに大きなポイントがたまってしまいます。

詳しくは、ホームページでも書かれていますが、いずれにせよ、初年度無料ですので、もし試しに1年間利用してみるのも可能です。

おそらくライフカードは、ANAマイレージ収集のためには、今は一番早くたまるカードかもしれません。そのくらい、旅行族の間では重宝してます。



事業者もライブドアクレジットは利用できます


不動産担保ローン、大口ローンなどの名称ですが、ライブドアクレジットではビジネス系のローンも扱っています。これは、50万円から10億円までの融資と、途方もなく大きな金額も可能です。それも利率が、実質年率:5.39%〜18.0%とこれも安いです。

ここまで来ると大手銀行レベルの良さです。

ライブドアクレジットは、もちろんIT会社のライブドアの金融会社です。そして、そのため、経営姿勢は前向きで、貸し出しの幅や貸し出しの種類は極めて豊富です。


もし、事業者であれば、上記のようなローンもいいでしょうし、個人の方であれば、無担保ローンも利用できます。

現状、ライブドアクレジットと並ぶ体力をもつのは、IT系ローンでは、楽天かSBI程度です。
ライブドアクレジットは資金力が違いますので、その分、借りれる範囲も広いのです。



楽天カード・マイワンは低金利と融資枠でメリットあり



これから新たに、または今までもどちらかを利用中であっても、まだ楽天を利用したことがない方へ…。楽天マイワンはご検討に値するいいローンです。

いいローンというのは、安心、早い、多くの可能性を持つ、などの条件が出てきますが、楽天はどれもが優等生です。

楽天のカードローンマイワンの第一のメリットは金利がわずか6.9%~となることです。もちろん、融資額が少なければ金利はやや上昇しますが、それでも、逆に考えれば融資額を多く借りても金利はこれだけですむのです。この水準は大手銀行をもしのぐ水準となってきており、さすがにIT系で資金力をもった会社であり、前向きで積極的融資を多くの人に向けてアピールしている商品であるといえます。

楽天は、会社の姿勢自体がやはり革命的ですが、金融業会においても、このような革命的な商品を開発しているわけです。

融資上限が500万円までという業界最高(レベル)の設定も凄いです。楽天のマイワンがあれば、どれだけ生活設計に助けになるか、ここまで来るとやはり見逃せません。

口コミや評判は、悪いことは少ないです。ほとんどの方が満足度も高く、利用している方は長い利用をされる方が多いようです。



OMCフォーライフカードの便利さは価値あり


フォーライフカードは300万円限度額の「フォーライフデラックスカード」と100万円までの限度額の「フォーライフカード」の2種類があります。

一般にOMCフォーライフというと、この2種類のどちらかとなりますので、まずはよくご注意ください。

その上で、どちらが利用価値があるかというと、回答は、「どちらも利用しやすい」です。

まず、100万円までのフォーライフカードは、取得は比較的楽です。その上で、50万円までのキャッシングはATMなどで簡単ですし、もし、申し込み即日振込みを希望すればそれも審査の後で可能です。年利率は初回だけ18%であとは24%以上です。

デラックスカードのほうは、300万円までですが、その分審査はきついです。しかし、年利が初回8%~18%におちます。初回以降は8%~25%となります。
こちらは大きな金額を利用する際は使い勝手が良いでしょう。年利率も8%に近づきますので、300万円までを視野にいれれば大変利率の良いカードです。

もし、まったく初回のローン利用であれば、デラックスカードを取得されてしまったほうがあとあと楽でしょうし得でしょう。しかし、もし即日をご希望でとにかくキャッシングということであれば、通常のフォーライフカードで問題ないでしょう。




ユニティー Unity は新鋭の企業ながら前向きな企業姿勢です


今まで、ウェブに特化して申し込みを受ける融資は、プリーバとSBIイコールクレジットなどごく少数でした。そこに参入してきたのが、このユニ・ティーです。

株式会社 ユニ・ティーは2002年の設立ですから、かなり新しいほうです。中小の会社に属しますので、大手の銀行系が行うような、大胆な支店展開やATM設置はできませんが、そこをウェブでの申し込みと案内のみで営業していく姿勢を表しています。


ウェブであれば経営的なコストはずいぶん絞れますので、これからのローン戦国時代を生き抜くため、この手法をとっていると思われます。

融資は、50万円~100万円程度であれば、審査も早いようですが、他社の利用がある場合は、50万円いないとしておいたほうが最初は通りがいいかもしれません。ウェブ上で簡単な仮審査ができますので、そこで試してみればどのくらい借りれそうかはわかります。

ただ、大手でない分、金利は20%台まであがります。もし、いままで全く消費者金融やローンを利用していない人であれば、おそらくは大手銀行ローン、ディック、アットローン、スタッフィ、ライフプレイカード、などを利用したほうが利率も低くお得でしょう。しかし、いままで数社利用していたり、何度かの利用であまり良い結果が出なかったなどの場合は、こういった新鋭の会社は申し込んで通りやすくなることもあります。

もちろん、大手で金利の低い上記のような会社をいままでトライしてないなら、そちらを先にすべきでしょう。しかし、小さなウェブ特化型の会社でありながら、実直な経営姿勢を見せているのもこのユニ・ティーの特徴です。もし、今からどこにするか迷っている場合は、ウェブサイトで仮審査を試してみてください。それで結果がよければ、計画をたててみるのもいいでしょう。





安心と速さを満たすローンを考えるなら?



どのブランドも融資関連は特徴あるものがやはり利用者を増やしていきます。これから、融資はさらに中小の淘汰も進むと考えられ、借りるときの条件は様々異なってくるでしょう。

金融規制が始まり、そして金利の規制も進みます。そうなると、残っていける会社はある程度限りが出てきます。もちろん、大手の銀行系や大手IT系などの会社はこれからも継続するでしょう。しかし、体力がない会社、いままで高金利で商売してきた会社などは、大変な時代になりそうです。もちろん、その中でもいい顧客を持つ中小の会社はしっかり生き残るでしょうけれど、経営姿勢がよくなかったりサービスに問題がある会社はやはり顧客離れは避けられそうもありません。

さて、大手の安心感をもつローンを受けたい場合、どの会社がいいでしょうか?
今、利用者の声を聞くかぎりでは、安心、融資の積極性(とおる可能性が高い)、そして低金利となると、次の順番が平均的な利用者の声です。

1)CITI系ディック
2)三菱東京UFJ系のDCキャッシュワン
3)阪急グループのスタッフィ
4)三井住友銀行系のアットローン
5)おなじく三井住友系のプロミス


以上が銀行・流通系での利用者の声から判断する順番です。

これに加えて、IT系の大企業もやはり影響力があります。

1)ライブドアクレジット
2)楽天マイワン
3)ネットカード


これらであれば、おそらくはどこを利用してもそれなりに満足を得られる対応があるでしょう。そして、大手であり顧客数を伸ばしているこれらの会社はやはり前向きな融資をしているということです。

さて、最後にこれらに「即日・迅速キャッシング」という基準を加えてみましょう。
その場合は、次のような順位です。

1)スタッフィ
2)ディック *ほぼ同率でスタッフィと同じ1位です
3)プロミス
4)DCキャッシュワン


以上のようになります。
ただ、他の会社が即日キャッシングをしていないということではなく、平均点をつけていくと、利用者数や反響ではこのあたりが多い、ということです。

これらの会社の情報は両サイドのコラムで説明やリンクがありますので、参照ください。







フレンドトラストの即日融資は大手よりも甘めの審査の口コミあり


フレンドトラストは、金利が年率19.5%~29.2%ですので、大手の融資よりはやや金利は高めになります。なので、最初からフレンドトラストに申し込む人もあまりいないかもしれません。では、どんなときに利用しやすいのか?

一つ目は、まず利用の幅広さです。口コミでは5社程度の利用をすでに行っている人でも審査を通ることもあるようですので、あまり自分の現状に自信がない場合でも、利用して挽回する気持ちさえ残っていれば、まだ可能性があるローンです。フリーローンとレディースローンは、非常に幅広いローンであり、ある程度困ったときでも利用は可能です。


そして、即日キャッシングが二つ目の利用理由です。「消費者金融フレンドは50万円迄即日ご融資」という宣伝を行っていますが、この文意のとおり、50万円までであれば、即日での融資が行われます。これは、困ったときなかなか回答をくれない会社とことなり、まず、ウェブサイト上で「お試し審査」をして見ましょう。すると、仮に「仕事中、50歳、5社他社利用中」とデータを入れても「可能性あり」の回答が今は出ます。

その条件で申し込んでOKとなれば、キャッシングは即日です。


もし、もっと金利を下げたい、大手の方がいい、初めての利用、などの場合は、ディック、スタッフィ、ライブドア、プロミス、アットローン、などはどれもが利用者多数の安心の大手低金利ローンです。両サイドのコラムに情報を記載しておりますので、参考にしてください。


新登場のYM セゾン カードローンは新会員募集キャンペーン中


セゾンは定期的に新規アイテムを出してきますが、新しい商品にはいつも敏感で、様々なタイプの金融商品をマーケティングしています。

この新しいカードローン、YM《セゾン》カードローンもそのひとつです。このカードローンの中身で特筆すべきは、まず金利でしょう。8.0%からという金利は大手銀行系並の低金利になったこと。そして、限度額が300万円まで可能となったことでしょう。これでこのカードローンは大型カードローンの仲間入りとなりました。

カードに関してはすばやい対応をするセゾンですが、このカードローンの最初の問題は、即日キャッシングができないことです。カードが到着後は引き出しもATMから自由ですが、カードは申し込み後に郵送されてきますので、それまではキャッシングはできません。

急ぎの場合は、このブログでは、ディック、スタッフィ、アットローン、プロミス、などを押しています(両サイドコラムに情報あり)。即日キャッシングはこれらをお試しください。まず安心があります。

急ぎでもなく、とりあえず時間に余裕があるなら、ライブドアクレジットははやり強い資金力のある会社ですので、利用は幅広い方に適用します。



E-LOAN (イーローン)E ローン・これは一括でのローンの申し込み窓口です


もし、これから融資を受けたい場合、そして多量に申し込みたい場合、多数の会社に申し込みたい場合、そして、申し込む会社がある程度決まっている方は、このE-LOANの一括審査を利用してすべてに申し込まれるのもいいでしょう。

この申し込み代行のいいところは、数ある融資会社の申し込み窓口だけを行っているので、このサイトで申し込みが終われることです。何社も申し込みたいけれど、時間がないなどといおうときはこれも役立つでしょう。


ただ、こちらで見る限りではローン会社の情報は最低必要と思われる分量しか書かれていませんので、あくまで客観的な情報だけは見れますが、紹介されたローン会社が本質的に信頼できるかどうか、どの程度積極的に融資しているか、などはわかりません。
*そのために当サイトがあるようなものですので、うまく参考にしてください。


このEローンは、ある程度なんども様々な会社を利用して、そしてこれから使い方を知った上で何社も申し込んで行く場合は、お薦めできます。しかし、初めてやあまり情報を持たないまま、集合的な申し込みを行いますと、かえって無差別に申し込んでいるイメージでブラックリスト扱いされてしまって、今後一切借り入れできない、などの現象にもなりかねませんので、十分な情報収集と検討は欠かさずおこなってからのほうがいいでしょう。

あまり時間がなく、それでいて、ある程度ローン会社を利用経験がある方にはもちろん利用価値あるサイトです。






1週間無利息のノーローンカードはやはり便利



NOLOAN ノーローンはすでに多くの人に知られるカードとなりました。カードローンですが、むしろローンや融資というイメージよりも、誰でも1枚持っているカード、という社会人カードのような感覚すら生まれてきたのも事実です。

なぜそこまで成長したか、といえば、それは1週間無利息キャッシング ノーローンが浸透したからです。

このノーローンを提供するのは、株式会社シンキという新生銀行系の会社ですので、このノーローンも銀行系カードローンという位置にいます。そのため、やはり金利も低金利で15~18%の大手銀行水準となっています。

もし、これからローンを利用するようなことがあるなら、そして仮に1週間以内に返済などが多い場合は、このカードは利用できます。まず無利息であることは、誰から(友人よりも)お金を借りるよりも安いわけです。ゼロですので。そして、これは初回だけでなく、なんどでも1週間以内は無利息です(多少規制はありますので、ウェブサイト規約をご覧ください)。


旅行に行くけどお金が足りない、結婚式で出費、友人の誕生パーティで洋服を買いたい、そして生活費が足りない、などどんな場面でも最大200万円まではこのノーローンが役立つでしょう。

もちろん利用者数は毎日のように増えていますので、その意味では安心と信頼のカードであることは間違いないです。多くのユーザーを抱える商品はやはり安心感はあります。そして、即時キャッシング可能でATMも多数あるなど満足度も高いです。


さて、もし今までこれ以外でディックというシティバンク系の融資を利用していないなら、このノーローンと共にご存知置きください。これは、現在12.88~17.88%の新規利用者金利、加えて、新規利用者は30日間無利息です。もし、いままでディックを利用したことがないなら、冷静に考えればノーローンより先にディックを利用すべきなのです。そして、ディックは融資の積極姿勢は口コミでも好評で、様々なタイプの方々、それが他社利用が多い方でも融資される可能性の高い会社という評価もあります。

初めてなら当然として、過去他社利用者であってもディックをまだ利用してないなら、今はいい時期です。そして、同じように、ノーローンはこの現代生活では財布に入っていると便利なカードとなっているのが現状です。


SBIイコールクレジットの早い審査と幅広さ


SBIという新生でありながら巨大に成長した金融機関のローンがイコール・クレジットです。

こちらのローンは、口コミではとにかく審査も早く幅広いユーザー層を持っていることが最大の魅力です。多くの人が利用するということは、それだけ貸し出しにも前向きであり、利用者側には大きな窓口であることは事実です。

このSBIイコールキャッシングの優良性は金利に現れています。
6.5%~17.5%という低利率のイコールクレジットNEOはいまや大ヒット中のローンです。そして、2007年11月1日(木) から2007年12月27日(木)23:40まで、この商品はキャンペーン中で、一律6.5%という低利率が実現します。
*対象期間中に新規お申込みが完了した方には、キャンペーン期間中は、特別利率
(イコール・クレジットNEO→6.5%、イコール・クレジット→18.0%)

詳しくはウェブサイトにすべて記載されています。




ライフプレイカードは20代~40代まで幅広いユーザー層



カードローンは利用する機会は今後すべての年齢層で増えていくでしょう。クレジットカードに代表されるキャッシングの時代は、すでに終わりに近づき、それよりも高額で幅広い金額を好きなときに利用できるカードローンは新たな時代の便利アイテムになってきたようです。

実際に、ライフの代表的なカードローンである、ライフプレイカードは、20代~40代、場合によっては50歳以上の人でも現在は利用するヒットカードになりました。

これは、このカードの利便性にあることは事実です。
24時間ネットから申し込み可能で、即日キャッシングも可能、そしてカードを手に入れた後は、下記の全国のATMからキャッシングを得ることが出来ます。

・JCB
・ジャックス
・ディーシーカード
・丸井
・マイカル
・イーネットのATM(ファミリーマートなどに設置)
・ビブレ
・サティ設置のCD
・UFJニコス
・井筒屋ウィズカード
・JR西日本ファイナンス
・GE
・イオンクレジットサービス(ジャスコグループ)
・オリエントコーポレーション
・クレディセゾン (西部・西友)
・楽天KC
・アイフル

限度額は200万円ですが金利は大手銀行系レベルの15~18%に2007年10月からさらに下げられました。

ユニークなサービスとしては、

■ ご希望によってはご利用明細書の送付をいたしません。
お客様のプライバシー保護も十分に考慮し、利用明細書を送付しない方法も選択可能。

■ ご利用限度額増額のお申込みが可能
現在ご契約のご利用限度額について、増額をお申込み可能。

などもあります。


貸付条件は次のとおりです。

融資額  1~200万円

必要書類
運転免許証、健康保険証等(要審査)。なお口座自動引き落としをご希望のお客さまは、金融機関届出印が必要となります。ご融資が50万円を超える場合は、別途、当社指定の申込書が必要です。

利息   実質年率15.00%~18.00%

返済方式  残高スライド元利定額リボルビング方式

遅延損害金 実質年率29.20%

ご返済回数及び期間  1~120回(ヵ月)(自動継続更新)

担保・保証人  不要

その他  自営、パート、アルバイト(一定収入のある)方も可


ライフプレイカードは生活するシーンにあわせて利用方法を変えていくことも可能なカードです。一般的な消費者金融のカードローンを一歩越えたところで、生活のトレンド創造を併せ持ったカードといえます。

もちろん、カードローンとして利用するのも単純にいいローンですので低金利であり利用価値はあります。



CITIバンク系のディックが好調な理由は?


昨日は、エクシブファイナンスの即日キャッシングについて特徴を書きましたが、その中でCITIバンク系のディックが、優れた幅広いローンであることを書きましたので、少々付け加えます。

ディックは、フリーローンの方が人気で、ビジネスローンや不動産担保ローンなども非常にいいローンであるにもかかわらず、その存在がかすむほど300万円までのフリーローンの利用が多くなっています。金利も12.88%~17.88%が新規顧客の現行金利ですので、非常に低いです。そして、なによりも顧客を集めているのが、新規の顧客は30日間無利息ということです。30日以内に返済すると、なにも利息をとらないのです。これだけ条件がそろっているとそれだけで魅力です。

その上、ディックは昨日、エクシブファイナンスで説明したような境遇、つまり7社から借り入れがあるような場合であっても、融資可能となるケースすら口コミでは伝わってくることもあります。もちろん、各人の条件により様々ですので、全員がそうとはいえません。しかし、そうであっても、この金利、メガバンク系、そして安心をともなった融資でそこまで融資を積極的に行う会社もおそらくはないでしょう。

50万円以上の場合は、所得証明が必要にはなりますが、それでも即日融資可能であり、これらの条件を受けることができる特に新規の場合は使ってみる価値がある、というよりも他を使うよりも得なケースが多くなってきます。

融資はもちろん悪い条件でお願いするよりも、自分の生活計算の上で借り入れるほうが相手も貸し出しはしてくれます。しかし、どうしても大変なときは誰にでも起こり、そんなときこそ安心をもって幅広い可能性ある会社から借りたいと思うのも事実です。ディックはそんなときでもサポートしてくる可能性ある優良ローンを提供しています。







エクシブファイナンスのフリーローンと事業者ローンはメリットあり?


エクシブファイナンスはまだあまり知名度も十分ではないかもしれません。
しかし、実質金利も現行で6.8%~29.2%までとなっており、低いほうだけを見ればかなり低い水準です。もちろん、借り入れる金額によって、金額が大きいほど金利は下がりますので、低い金利が必ず当てはまるわけではないです。

ですので、まず最初にこのエクシブファイナンスを利用することを検討するなら、まとまった資金を使いたいときなどがいいでしょう。

おまとめローンや不動産担保ローンなどは利用しやすいはずです。おまとめローンとは、今現在、他社の借り入れが複数ある場合、このエクシブファイナンスにローンを一本化して、1社からの借入額を多くして、結果、利率も下がり毎月の返済を楽にするというものです。不動産担保ローンやビジネスローンなどは、まさに仕事で利用したいときにはいいでしょう。

とはいえ、個人の使い道自由なフリーローンも実は使いやすいです。エクシブファイナンスの
提供するフリーローンは、新規お申込みの方で実質年率7.3~18.25%ですので、金利上限もみえていて安心です。ここまでであれば、大手の融資とほとんどかわりません。まして、急な出費に今すぐお答えいたしますというテーマで融資額 100万円~500万まで受け付けていますので、かなりの幅を持ったローンであることは理解できます。
次が諸条件です。

■実質年率 7.30%~18.25% ■遅延損害金 29.2%
■申込対象 20歳以上(18歳以上既婚者の方)正社員・パート・アルバイト
・派遣社員・主婦の方・自営業
■返済方式 元利均等返済・自由返済(元金据置一括返済)
■必要書類 健康保険証・運転免許証・パスポート等身分を証明できる書類
■資金使途 原則として使途自由 ■融資限度額 100万円~500万円
■担保・保証人 原則なし
高額のご融資に関しましては収入証明・源泉徴収・給与明細・担保・保証人等が必要になる場合あり


すべてウェブサイトからの申し込みで申し込みは終わり、あとで書類をFAXか郵送で送るか、持参するか、または会社から取りに来てもらって完了となります。申し込みだけならウェブサイトから終われますので気軽です。

ウェブサイトには、融資可能かどうかテストできる仮審査シミュレーションもあります。また、返済額をするための計算シミュレーションもありますので、実際に使ってみると自分の利用方法がわかるでしょう。「自営業、40歳、300万円を7社から借り入れ中」とデータを入れても、このテストでは「融資可能」と回答が出ます。積極的で融資には前向きな会社であることがわかります。


もし、大手の銀行系ローンをご希望であれば、このあたりの条件をクリアーするためにはCITIバンク系のディックが最も適合すると思われます。もし、別に大手銀行系などの安心材料がほしいようであればディックは最初に選択であるべきいいローンを提供しています。詳しくはこちらへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。