簡単で審査が楽なキャッシング、カードローンを徹底的に調べます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽天の住宅ローンはフラット20とフラット35の低金利


もし、住宅ローンで迷っているようであれば、楽天のローンを検討してみてください。
これは、近年では非常に返済も楽なローンです。さすがに資金力があり、それでいて経営姿勢も前向きな楽天であればこそできることです。

楽天の住宅ローンは、いまや銀行ローンをもしのぐ力を持っているともいえます。それは、この金利を注目ください。

フラット20といわれる20年間固定金利で現在2.51%
フラット35といわれる35年間固定金利で現在2.7%


これは驚異的な金利であることは事実です。
住宅金融公庫や公的ローンを利用しなくともすでに良いローンを使える時代になったことを証明するものです。楽天は貸出額で日本一を目指しています。これは、つまり貸出額を増やすことを目的に金利は下げる、という姿勢でもあるのです。

ここまで競合できる融資が出てきた以上、これは検討してもいいでしょう。






スポンサーサイト
銀行も住宅金融公庫も頼りにならないときはGEマネー(ジーイーマネー)


住宅を買う、ローンを借り替えたい、そんな時最初はどこにいくのでしょうか。今は住宅金融公庫や大手銀行もありますが、それが一番いいともいえない時代になりました。貸し出しを渋っていたり、審査がやたらにきつかったり、そして金利も時により高かったりで、なかなか実現しない住宅ローンもせっかく家を購入したり新たな投資をしたいときに、そこでつまづくのも嫌なものです。

もし、そんな経験がある場合、一度GEマネーの住宅ローンを検討されてはいかがでしょうか。これは名前のとおり、あの巨大企業グループのGEが金融部門として日本に設置した会社であり、その外資系ならではの資金力と柔軟な決定力で日本の銀行や公庫が出来ないことを様々可能にしています。

タイプ別住宅ローンという考え方も取り入れており、次のとおり様々な相談方法があります。

→ 自営業の方
→ 転職3年未満の方
→ 派遣社員の方
→ 契約社員の方
→ 注文住宅をご検討の方
→ 外国の方(for Non-Japanese)
→ 上記に該当しない(スタンダード)

これらの方々に加え、借り換えの方もOKですし、また、商品としても35年長期固定金利のフラット35という商品が大きなヒットとなっています。

GE Moneyの住宅ローンは、いまや大手銀行などに負けない顧客サービスを展開中ですので、様々なキャンページも時期に応じてあります。現在は2007年12月末日までは、通常1.5%かかる事務手数料まで無料とするキャンペーン中です。

GEマネーは様々なチャンスの窓口を備えもっていますので、幅広い方がいつでも申し込み可能な金融機関と考えていいでしょう。


これ以外で、GEマネーに対向できる候補としては楽天の住宅ローンがありますが、こちらも金利などはいい条件を出します。同じようにフラット35の35年固定金利商品もあれば、フラット20という20年間固定も出しています。単純に金利だけを考えると、楽天の方がGEマネーよりも金利は低くいいローンともいえます。貸し出し意欲も満々で、全国貸出額第一位を目指していますので、申請しやすい環境であることは間違いないです。

ただ、それぞれに審査方法も違っていたりで、どちらが申し込み本人にとっていいか、また審査を通過するかも違いますので、場合によってはどちらも検討し、どちらかがダメだった時はどちらにも申し込んでみても全く問題ないでしょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。